原稿用紙26枚目

趣味のライブやオタクコンテンツについて長々と語ったり、Twitterに書くほどではないひとりごとをこっそり投稿します。お気軽にご覧下さい!

スーパーヒーロー魂2021のセトリと感想!#AJF2021

  お久しぶりです!今回は2021年8月14~15日に開催されたANIME JAPAN FES 2021に参加してきました。昨年は残念ながら夏の開催が難しく、2年ぶりの開催となったようですがこうして有観客ライブを開催していただけることが非常にありがたいなと思います。例にもよって自分のメモを目的としつつ「こんな感じなんだ。行ってみようかな。」と読んだ方に思っていただけるような内容でまとめていけたらいいかなと思います。とは言え2日分の感想は多い(のと自分の作品への知識不足もある)のでテンポよく行きたいと思います。まずは初日の8月14日に開催されたスーパーヒーロー魂2021の感想からです。

f:id:clnct:20210816192630j:plain

 

 

 私としてはスパロボ魂2019、2021に続いて3度目のAJF系列ライブ参戦でした。過去の記事は以下のリンクから辿っていただけます。

collapiyo.hatenablog.jp

 

スーパーヒーロー魂とは、特撮ヒーローソング縛りのライブイベント。縮めてSHS!

  

出演者とセットリスト

出演者

 串田アキラMoJo宮内タカユキ前田達也遠藤正明/福沢良一(武村太郎)/つるの剛士(いずれも敬称略)

 

 セットリスト

 1.宇宙刑事ギャバン(串田)
2.星雲仮面マシンマンMoJo
3.特警ウインスペクター(宮内)
4.シージェッター海斗(遠藤)
5.ジライヤ(串田)
6.ドラゴン・ロード(串田)
7.バトルフィーバーJ(MoJo
8.究極 サムライハオー 降臨!(MoJo
9.超電子バイオマン(宮内)
10.爆竜戦隊アバレンジャー(遠藤)
11.We are the ONE ~僕らはひとつ~(串田)
12.伝説(魂の三兄弟 ※串田、MoJo、宮内)

~換気タイム~

13.全力全開!ゼンカイジャー(つるの)
14.君だけを守りたい(つるの)
15.ウルトラマンダイナ(前田、つるの)
16.ウルトラマンネオス(前田)
17.ウルトラセブン21(前田)
18.ご唱和ください 我の名を!(遠藤)
19.ウルトラマンタロウ(福沢)
20.ウルトラ六兄弟(福沢)
21.特救指令ソルブレイン(宮内)
22.愛に抱かれて(宮内)
23.TURE DREAM(前田)
24.機動刑事ジバン(串田)
25.未来予報はいつも晴れ(串田)
26.大戦隊ゴーグルVMoJo
27.仮面ライダーBLACK RX(宮内)
28.宇宙刑事シャリバン(串田)
29.強さは愛だ(串田)
30.太陽戦隊サンバルカン(全員)

 開場:16:30

開演:17:30

終演:20:20頃(以降規制退場)

  

公演の感想

前半戦

 ・1年前、一部のフライヤーなどでは開催が告知されていたそうだが残念ながら2020年は開催が出来ず2年ぶりの開催。「よくぞ。奇跡の日が来た!」と司会のショッカーO野氏の最高の表情から始まり、こんな世の中だからこそヒーローの力が必要という話には深く頷きました。

・今年は特撮界においては非常に重要な年。ウルトラマンが55周年、仮面ライダーが50周年、戦隊シリーズが45作目。そんな年に何とか開催にこぎつけた意義は大きい。大いに盛り上がってもらいたいが、手拍子や迷惑にならない範囲の腕の振り上げ程度でルールはきちっと守って欲しいなどの注意事項が述べられいよいよスタート。

・開幕はクッシーこと串田アキラさんの宇宙刑事ギャバンから!アニソン、特撮を知らない人でも一度は聞いたことがあるような超名曲を初めて生で聴くことが出来て感無量。今回は2日とも高取ヒデアキさん率いるZ旗ホーンズのみなさんがいます。この楽曲はやはり管楽器があってこそだと思います。最高の演奏に最高の歌声からのスタートでした。

・そういえばこの日の出演者で過去にライブを見たことがあるのは宮内タカユキさんと遠藤正明さんだけでした。その他の方はみんな初めて。当然どの曲が来ても初めて。そんな新鮮なライブでした。

・2曲目はMoJoさんで星雲仮面マシンマンMoJoさんの歌声って本当にいつまでも変わらずかっこいいですね。MCでは主役だった佐久田脩さんのことにもそっと触れるショッカーO野さんが印象的でした。

・3曲目は特警ウインスペクター。宮兄はアリオ八尾で見たときもパワフルだったのにその時よりももっと調子がいい。そして楽しそう。ライブの魅力は生で歌を聴けることが大きいですが、歌っている姿を生で見られるところにもあると思います。

・4曲目はノーマークだったシージェッター海斗!!!遠藤正明さんのイベントには何度も参加していますがこの曲を聞けたのは今回が初めてでした。最高!パワーが有り余ってたかのように天まで突き抜ける如く伸びのある歌声でめっちゃ笑顔になりました。のちのMCでも触れられていましたが、なんでも石ノ森萬画館が今年で20周年だったそうです。別のMCでは串田アキラさんが石ノ森章太郎さんとの出会いの話なんかをされていました。

ジライヤドラゴン・ロードなどの聞きたかった曲たちが連続で披露され、お次はスーパー戦隊特集。1つ目はバトルフィーバーJ。オルタネートヴァージョンと呼ばれる女性コーラスが目立つバージョンで披露されましたがこの形態が定番なのでしょうか。アップルパイの杉山小絵子さんが「ミスアメリカ」でYeahと言いながらポーズを決めるシーンが印象的でした。この曲のサビは歌詞に合わせて観客が振りを真似るのが定番(?)でありますが、掛け声をかけたり歌ったり出来ない今だからこういう動きでコミュニケーションを取るのがすごくいいなと思いました。ちょうど公式Youtubeに上がっているスーパー戦隊魂2020のダイジェストでその部分を確認できるので是非!この曲のMCではMoJoさんがまさに歌詞の「地球が悲鳴を上げている」みたいな状況だとも触れられていましたが、人々をあらゆる不安から救うのがヒーローだしそれを支えるのが特撮ソングだと思いますので今の時代に必要なイベントだなと改めて感じました。

・そんな状況だけどもきっともう少しだから頑張ろうというお話の後には過去に1回ぐらいしか披露していないという究極 サムライハオー 降臨!という侍戦隊シンケンジャーの挿入歌!!定番どころの曲を外さないみんなのホームのような現場でありながらたまーにこういうコアな曲を持ってくるのがここのライブの魅力だと思います。

・その後はバイオマンアバレンジャーのOP/EDが順番に披露。バイオマンではSSS2020の映像で見たよりもかなり調子がよさそうで嬉しくなりました。そして単独で何度か聞いている爆竜戦隊アバレンジャー。サビ終わりのアバレンジャーの伸びがすごすぎて会場が壊れるかと思いました。そしてサビのスピンでは高速で回りながら全くブレない歌声に感動しました(通算n回目)。そこからEDのWe are the ONE ~僕らはひとつ~。串田アキラさんもこの2曲を続けて披露出来るのが久しぶりで嬉しいといったお話をされていました。この曲は振りもあるから声を出せなくても楽しいですね。串田アキラさんから、そんな(一緒にステージに立つ)仲間っていいですよねという話から魂の三兄弟揃い踏み。披露された曲は伝説。ここで前半戦が終了して換気タイムが設けられました。ショッカーO野さんいわくコスモクリーナーDで洗浄とのこと(笑) 

後半戦

・後半戦の開幕1曲目は 戦隊コーナーで出るべくしてまだ出ていなかったAJF初参戦のつるの剛士さん!曲はもちろん全力全開! ゼンカイジャー。ステージに登場してさっそくソルジェント光線?の構えでステージを動き回る姿が微笑ましかったです。それにしても歌が上手い。熱い。盛り上げ上手。前半もかなり盛り上がっていましたが、それを上回る勢いで会場が盛り上がっていたと思います。45歳にして45作目の主題歌に大抜擢されたつるのさん、そんなつるのさんでも最年少となってしまうのがこのイベントの面白いところです。幼少期に聞いて育ってきた楽曲と共にステージに立つ喜び?のような話もされていました。ウルトラマンスーパー戦隊と関わってきて男の子冥利に尽きると自身のこれまでを振り返りつつ「あとはライダーのみ」という話の流れでバイク王のCMの「GO!バイク王」を披露して会場を盛り上げました。そういえば串田アキラさんもドラゴン・ロードの前にタカ!トラ!バッタ!を生で披露されてそちらも大盛り上がりでしたね。

・そして、戦隊からウルトラの架け橋になれるのはつるのさんだけということでウルトラマンダイナのEDである君だけを守りたいを披露。オリジナルももちろん素晴らしいですが、かなりロックよりのテイストですごくいいなと思いました。「つるのおと」というカバーアルバムでオフィシャルにカバーされているので自身のライブでも何度か披露したことがあるそうですが、これで終わらないのがAJF。この日は主題歌を歌っていた方も出演されています。ということでスペシャルコラボでつるの剛士さんと前田達也さんで主題歌のウルトラマンダイナ!めっちゃよかったです。前田達也さんは当時に増してかなりロックで渋い歌声になっていて個人的にかなり刺さりました。一緒に歌いながら時々つるの剛士さんのサポートに回る感じのパート分けが良かったです。というかこのバージョンの音源販売してくれませんか?

・そこから前田達也さんにバトンを託し、ウルトラマンネオスウルトラセブン21が披露されました。前者はProject DMMさんの音源しか知らなかったのでかなり新鮮でした。パイロット版の曲だったようですね。素晴らしい歌唱力でパワーもすごい、かつ渋い大人の雰囲気も出ていてかっこいいなと思いました。

・平成ときて次は令和。このためだけに参加を決断したと言ってもいい「ご唱和ください 我の名を!」。配信で3回ほど見て、一度参加のチャンスがあったリリイベは信じられないタイミングで中止。そんな悔しい思いを経てやっと1年越しに生で聴くことが出来て本当に幸せでした。衣装は円谷プロに黙って作ったという鉄板ネタつきのあのZの衣装!これも初めて生で見ることが出来て最高でした。この衣装はもっと着る機会があると思ったのに2、3回しか来てないから近所のセブンイレブンに着て行こうかなという冗談ややっとZ会水木一郎マジンガーZ影山ヒロノブドラゴンボールZ)に入ることが出来たお話をされていました。歌は大迫力。この日の遠藤正明さんで一番声が出ていたと思います。本当に来た甲斐がありました。

・平成、昭和と来てお次は昭和!AJF初参戦の福沢良一さん。武村太郎の名義でウルトラマンタロウなどを歌われていた方です。名義の由来は事務所の社長の名前から「武村」でウルトラマンタロウだから「太郎」になったというエピソードを披露されました。このためか長らく公式に「謎の人」として何十年も来たそうですが、阿久悠さん作詞40周年記念特番(2005年)に出演したことがきっかけで知れ渡るようになったという感じのトークをされていました。他には少年少女合唱団みずうみパートの「腕のバッジが輝いて」という部分は元々は「胸の」だったのが直前にスーツのデザインが変わったことから歌詞も差し変わったそうで、たまにどちらか分からなくなるそう。そんなエピソードを聞くことが出来るのもこのイベントの魅力だなと思います。ちなみに生バンでこの曲を歌うのはこの日が初めてだったそうです。歌は昔と全く変わらず、むしろパワーアップしているような印象すら受けました。また、少年少女合唱団みずうみの代わりをアップルパイのお二人がされていましたが、少年少女風の声を出すのが本当に上手い。オリジナルかと間違えるほどでした。「スーパーヒーロー魂ザ・ベスト 特撮ヒーロー編」というアルバムで影山ヒロノブさんと共にウルトラマンタロウをカバーされていますのでそのコーラスを聞くことが出来た意味でも非常にいいなと思いました。

 ・ウルトラマン大特集を終えて次はメタルヒーロー特救指令ソルブレインから主題歌とせっかく来てくれた皆さんへ普段はあまり歌わない曲をということでエンディングの愛に抱かれて。いや~いいですね。この曲はコーラスがいてこそなのでこの場で聴くことが出来て本当に嬉しかったです。ソルブレインウインスペクターに続いて今年30周年を迎えた作品だということでMCでも触れられていました。

 ・続いてはTRUE DREAM。この曲もめっちゃ好きなんですよね。ただただ渋い。生で聴くことが出来て本当に嬉しい。前田達也さんは今は沖縄中心で活動されているようなのですが、そんな前田さんを見ることが出来るのは今ではAJFぐらいではないでしょうか。聞きたい曲があるので影山ヒロノブさんとの共演も今後実現して欲しいです。

・続いて機動刑事ジバンからオープニングとこちらも普段はあまり歌わない曲をということでエンディングの未来予報はいつも晴れ。EDのこの曲めっちゃ好きなんで本当に嬉しかったです。串田アキラさんのヒーローソングによく表れている力強さとその奥にある優しさなんかがよく出ている一曲だと改めて思いました。

・ 最後はゴーグルV、管楽器のいる生バンの仮面ライダーBLACK RXなどに続いて宇宙刑事シャリバンからオープニングとこちらもエンディングが披露されました。強さは愛だは「今だから」ということでしたが、サビの歌詞が今の時代にぴったりでこれから先、またライブが出来る日までの心の支えになるだろうなと感じました。

・最後はスーパーヒーロー魂の定番、太陽戦隊サンバルカンを出演者全員で歌っておしまいでした。

 

本公演で取られていた感染対策

「そんなことは言っても対策がどうなっているか分からないのでライブに行くのは怖い」という方もいらっしゃると思いますので、簡単にどんな対策がなされていたか観客目線でまとめておこうと思います。この上でどうするかは各個人の判断によると思います。

  • 個々に提出する問診票(簡単なアンケートのようなもの)によって決められた期間内、運営がどの席に誰が座っていたのかを管理している(期間が終わればシュレッダー処分するそうです)
  • 入場時、物販利用時ですら検温とアルコール消毒を徹底。
  • 左右の扉がほぼ全て開放され、会場内は常に換気状態にある。(たまに気流を感じる程度には換気されていました。通路の照明は落とされているので鑑賞に影響はありません)
  • その上で公演中に換気タイムが15分設けられている。
  • 1階席は2席→1席空き→2席→1席空き・・・というように必ず左右どちらかは空席になるように配置されている。(SRS2021は違いましたので今回からだと思います)
  • 立ち禁の着席指定。すごい大きな方がいない限りは普通に見えると思います。
  • 配信も行われるので現地とは違うけどライブを自宅で楽しむことが出来る。

 

最後に

 ショッカーO野さんがたびたび仰っていました「ルールさえ守ればちゃんとしたライブが出来る」というスローガンに賛同し、また次のライブが開催されるように祈っております。今回は本当に誰とも会わずにライブのためだけに移動してきてまた帰りましたが、みんながそうすればきっとライブは今後増えて行くんだろうなと思います。

 移動で思い出しましたが、今回は自分の備忘録も兼ねているということで書いておこうと思いますが、ライブ当日の8月14日は酷い線状降水帯で各地で災害級の豪雨でした。大雨の影響で新幹線も止まり、「これが動かなかったら今回はもうあきらめよう」とすら思っていましたが、なんとか1時間15分ほどの遅れで到着しました。なかなかイベント時の移動で公共交通機関の遅れに巻き込まれることはなかったので本当に不安でした。その分無事に会場に到着した時のほっとした気持ちは忘れられません。

f:id:clnct:20210816192438j:plain

駅の掲示

 それはそうと、AJF系列のライブに参加したら決まってこう言ってますが、本当に参加出来てよかったなと思いました。2日目のスーパーアニソン魂2021は別記事で上げますのでお待ちください!

 

 なちゅらる(@clnct)