オタクの落書き season2

ライブやイベントの感想を書きなぐったり、Twitterで長文を書く代わりに使ったり。ご自由にご覧ください。

PUI PUI モルカーは何故面白いのか

こんばんは。

皆さんは今期の覇権アニメーションをご存知でしょうか。

  

PUI PUI モルカーです。 

molcar-anime.com

 

覇権以前にそもそもアニメなの?

 アニメと言うと昔のセル画や現在のCGで作られた映像作品をイメージしてしまいますが、【animation】という単語はラテン語で生命を意味する【anima】という単語から来ています。アニメーションとは本来、「コマ撮りで撮影し、それを映写することで動いているように見える動画」のことを指します。そんな理屈よりも我らがdアニメストアでも配信されているのでアニメに間違いありません(証明完了)

 どんなアニメ?

  公式サイトに分かりやすく要約されているのでそちらを引用させていただきます。

舞台はモルモットが車になった世界。
癒し系の車“モルカー”。くりっくりな目と大きな丸いお尻、トコトコ走る短い手足。常にとぼけた顔で走り回るモルカー。渋滞しても、前のモルモットのお尻を眺めているだけで癒されるし、ちょっとしたトラブルがあってもモフモフして可愛いから許せてしまう?!

PUI PUI モルカー【公式】 - INTRODUCTIONより

INTRODUCTIONそのまま、羊毛フェルト製の人形で製作された子供向け※のアニメで、小動物みたいで可愛いらしいモルカーたちが繰り広げるほのぼの日常アニメです。1話が2分40秒ということもあり、ちょっとしたスキマ時間に見ることが出来るのも一つの特徴です。 

きんだーてれびというテレビ東京系列の子供向け番組内で放送されているためこのように表記。

どの辺りが面白いのか

小動物の映像を見ているようで癒される

  みなさんはSNSやテレビなどで可愛い動物の映像を見てつい笑顔になってしまった経験はないでしょうか?まさにこれと同じです。人形をコマ撮りして作られた映像作品ながら、実際に生きているように動くモルカーたちの映像には本当に癒されます。流石は日常アニメ!作品を見ていただければ分かると思いますが、モルカーたちの感情表現が体(車体?)やタイヤの動きと声だけとシンプルながらどれも愛くるしいです。10回動けば10回可愛いし本当に癒されます。

 

一方で・・・

 大人がこういった子供向けの作品を楽しむというと、子供が思いつかないような大人の世界に持ち込んでひどい扱いをして楽しむ人もいるのが事実です。可愛いモルカーたちをいじめて何が楽しいのでしょうか?ほんと……

 

 公 式 が 最 大 手

 

かつて動物が主役のほのぼの系アニメにピストルを所持したガチ・犯罪者が登場したことがあったでしょうか?どういうことだよ…。ちなみに2話までに作中で4人逮捕されてます。治安頼む。まあ、勧善懲悪ものとして考えるとまともな登場キャラクターだけでは物語は始まりませんし、これぐらい…

 

f:id:clnct:20210112222247p:plain
治安(2回目) 

 

f:id:clnct:20210112222338p:plain
???
??
?

こういう脳の理解に追いついていかない人類には早すぎる展開もまた魅力の一つだと思います。

 

公式Twitter予告PVより
(https://twitter.com/molcar_anime/status/1348611398410981380)

人間がいる

 モルカーの世界に普通に人間がいるのも面白いポイントです。モルカー自体にも感情があります。人間にも感情はあります。モルカーが人間を困らせる(?)展開もあればモルカーを人間が困らせる展開もあります。ただ一つ言えるのは、この世界においてのカーストはモルカーが上に違いありません。人間はモルカーによって扱われる側の存在です。人類は勘違いしないように(これは視聴した感想です)。あと、モルカーと人間のスケール感を考えるとじわじわ来ます。まるで人間が小さくなってモルカーの世界に迷い込んだかのような不思議な感覚になります。

 

モルカーが人々の心に刺さる理由-ワケ-

アニメに何を求めるか

よく聞く話としては「自分にはない世界を求める」というのがあります。現実にはダメな主人公を救いに未来からやってくるロボットなんていませんし、触れた異能力を全て打ち消す右手を持つ不幸体質な男なんてもっといません。それはアニメや漫画の中にしか実現しない世界だからこそ見る者を魅了するのです。現代の日本はどうでしょうか。未だ不安定な情勢に心を失い、どこかに安らぐ場所を探す者で溢れているのではないでしょうか。そんな人たちが求めるアニメーションは何度も読み込んで自分の中の解釈を確立し、他人のそれと比べて楽しむ深読み型アニメーションではないのかもしれません。私たちが求めるものは「モルカー」のように深く考えずとも癒され、ちょっぴり笑顔になれるようなそんなアニメーションなのではないでしょうか。

 

終わりに

 こんな風に現代の社会ニーズにマッチした今もっとも熱いアニメ「PUI PUI モルカー」。是非見てください。予定では12話構成らしいですね。2期があるといいのですが。2期が無いと半年後、私はこう言うでしょう・・・・

 

 

──もう誰もモルカーの話をしていない──

 

 

PS.

監督のインタビューにて「モルカー」世界で表現してみたい作品としてワイルドスピードが出てきてジワる

f:id:clnct:20210112225111p:plain

PUI PUI モルカー【公式】より

 

 なちゅらる(@clnct)