原稿用紙26枚目

趣味のライブやオタクコンテンツについて長々と語ったり、Twitterに書くほどではないひとりごとをこっそり投稿します。お気軽にご覧下さい!

(追記あり)「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞」1日目感想

※2/10ディレイビューイング後加筆修正

 初星ディレイビューイングも両日参加しました。現地では現地なりの楽しみ方もありますが、プロのカメラマンが撮影したアングルでの映像をいち早く見たいという思いがありこちらも参加することになりました。現地だと同じ視点しか見れない上に肉眼という大きな画面を小さな演者が動くために全体の演出には気づきやすいですが、カメラの視点が変わる映像の方が細かな部分により気づきやすいし印象に残る部分が多いですね。(灰色で追記)

 

お久しぶりです。 

f:id:clnct:20200320221324j:plain

 

ちょうど1週間前になりますが、年明け早々、幕張メッセで開催されたTHE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞(2018/1/6~1/7)に参加してきました。765PRO ALLSTARSの単独ライブとしては9th以来おおよそ3年3ヶ月ぶりのライブとなり、その間に発売された楽曲は数多く… OFAのCDシリーズであるMASTER ARTIST 3の楽曲やミリオンライブ発の楽曲が初披露されることに期待して参加された方も大勢いるのでは?と感じています。そんな感じで各々が色んな思いを胸に参加したライブだったのではないでしょうか。私ももちろんMA3の曲やミリオンの765ASのアイドルが歌っているソロ等が披露されることに期待して参加した側面はありますが、一番大きいのが「765AS単独ライブ」という部分です。

 アイドルマスターに興味を持ってもうすぐ6年か7年くらい経ちそうですが、アイドルマスターのライブの存在を意識し始めたのはいつ頃でしょうか。結果として初星開催まで最後の単独ライブとなっていた9thライブがツアー形式で、地元大阪でも開催されるということで少し参加するか迷い、諸事情で現地参加することを諦めたこの辺りでしょうか。ここからが今も残る後悔の始まりかもしれません。次にいわゆる10thライブと呼ばれるM@STER OF IDOL WORLD!!2015。こちらはチケットも確保して偽りなく本当に行く予定を立てていたものの、9thの時の諸事情と開催時期が影響して現地参加を諦めざるをえなくなりました。地元のリア友から誘われたのでLVだけは参加しましたが… LV鑑賞後に「11thは絶対現地に行く。」と決意し、10th後から過去の円盤を見始めたりシンデレラガールズのライブに行き始めるようになっていましたが、この頃から765AS単独ライブは開催されなくなりました。

 765単独現地に行ったことがないのを後悔し始めていた頃に発表されたプロデューサーミーティング2017。これは765ASのメンバー全員が揃うイベントということで、普段ならLVで済ましそうなところを現地の東京まで新幹線で行ったのも記憶に新しいです。


そんなどうでもいい話はほどほどに今回のライブの話を。

開催場所の幕張、噂には聞いてましたが酷い立地ですね。もう行きたくないです(笑) 


公演全体の感想としては、


1. ソロ曲がセトリの軸になっている気がして良かった
 おそらく演者の負担も増えますが、ソロ曲大好き人間なのでここはすごくいいなと思いました。大半の演者はソロ曲をリクエストしておおよそその通りになったようなので演者がどういうことを考えて選んだかを考えるのもまた楽しいし興味深いですね。

2. サプライズがなくて良かった
 サプライズ=悪と言うつもりは全くありませんが、やはり765プロの単独ライブというのを最後まで貫いて欲しいという思いがあったので嬉しかったです。ただし音無小鳥さん役の滝田樹里さんを呼んでください。765に欠かせない存在なんですよ。これはマジで。

3. 全体曲
 個人的には好きな曲を拾えてよかったのですが、選曲が少し謎。特に終盤はそこまでがよかっただけに少しもったいないかなーとも思いました。とはいえ満足度は高かったです。


【今回のセトリです】 

初星宴舞初日

01. THE IDOLM@STER 初星MIX
02. START!!
03. プラ・ソニック・ラブ!
04. 私だって女の子
05. トリプルAngel
06. ロイヤルストレートフラッシュ
07. 聖炎の女神
08. LEMONADE
09. Funny Logic
10. BRAVE STAR
11. addicted
12. Day of the future
13. Next Life
14. edeN
15. Fate of the World
16. 合言葉はスタートアップ!
17. Light Year Song
18. 隣に…
19. チアリングレター
20. 虹のデスティネーション
21. Just be myself!!
22. Destiny
23. 自分REST@RT
24. Top!!!!!!!!!!!!!

01. THE IDOLM@STER 初星MIX
 懸念材料の一つだった開幕はこの曲!初参加の人間としてはこういう定番の全体曲を聞けてコールも出来るというのは嬉しいという一言に尽きます。アッキー曰わく初星MIXだそうです。演奏に琴?三味線?の音が入っているのが今回の和風衣装ととてもマッチしていて良かったです。音源欲しい人はアンケートに書けばなんとかしてくれるかも(?)

02. START!!
 MCを挟んで続いての曲はこれ。開幕後は中村先生のソロだと何となく期待していて、ステキハピネスも聞きたいけど10thのようにSTART!!でスタートしてくれたら良いなーなんて考えていたら聞き覚えしかないイントロが!流石に「お前お前お前お前お前お前」となってしまいました(声には出してません)。この曲は10thを感じられたのとサビの「START!! START!! START!! EVERYTHING OK♪」のワイパーが好きでずっと現場でやってみたかったので本当に感無量でした。

03. プラ・ソニック・ラブ!
 やっぱりMA3の曲も拾ってくるかーと安心しました。やよいのソロ曲はアップテンポな曲が多いからマシなこの曲をリクエストしたそうです。会場全体がオレンジ色に染まる様子を見ながら「今まで映像で見ていた世界がここにあるのかぁ」とエモくなりました。
 早口じゃない歌を選ぼうとしたら選択肢がなくなったので(MA3の)新しい曲を歌ったようです。ステージを動き回っててすごい躍動感でした。

04. 私だって女の子
 律子のソロ曲はどれも好きで、現地初参加というのともあってどれでもいいな(良い意味で)と思っていましたがこちらもMA3から。ステージ全体を使いながら本気でパフォーマンスしてるのを見てやっぱり若林直美さんだなぁとなってしまいました。翌日さらに驚かされるとは知らずに感動していました。

 改めてディレイで見ると思い出したことが。序盤はイヤモニの不具合なのかタイミングが合わずに苦戦している様子でしたが、途中からちゃんと持ち直してすごいと思いました。後半にはステージ全体を使う躍動感のある走り?でかつ歌うという並大抵じゃないことしていて本当にこの年齢か?と驚いてしまいました。よく考えるとハッチポッチのジャングルパーティのダンスもキレがすごかったです。

05. トリプルAngel
 イントロの「ピコ」音で反応して即亜美真美リウムを手に持って人外みたいなムーヴをしてしまいましたがこれも聞きたかった曲の一つ。歌詞が好きなのとコールが楽しいから本当に良かったです。あと振り付けも可愛い。早く映像化してほしいしディレイビューイングも見に行きます。パヤパヤパー。

 やはりあさぽんの煽りが最高でした。パヤパヤパーはリピートのところと被せ(かコールしない)のところがあるからコール覚えましょう(オタク特有の上から目線)

06. ロイヤルストレートフラッシュ
 CDが出た当時から大好きで、オタクがぷちます曲を干しがちなので無限に周りに推しまくってたこの曲。来るわけ無いと思いながらも初星予習カラオケでも入れてたこの曲。今回は演者さんがソロ曲を選べたようなので釘宮理恵さんが選ぶなら全力アイドルともう一つが何だろうと真剣に考えていましたが自分としてはこの曲が来て欲しい以外の感情を失っていたところでした。この歌詞は伊織のソロ曲の中でも本当に伊織らしい曲なので、普段聞けてないオタクにも魅力を見せつけられたのでは?と勝手に思っています。そう言えばアリーナA3とかいう神席だったので双眼鏡なんか使わなくても演者の表情がよく見えて最高でした。

 表情が本当に良かった。キュートなアイドルて感じでした。 (MCの話は2日目と混同してたので修正しました)

f:id:clnct:20200320221315j:plain



07. 聖炎の女神
 スルメ曲が多いイメージのMASTER PRIMALシリーズからの曲。いわゆる「赤」のアルバムに入ってるこの曲ですが、作詞が奥井雅美さんで作曲がIMAJO(PSYCHIC LOVER)ということで個人的に一押しの曲でした。昔のアイステOPの「DEAD or ALIVE」と同じ作詞作曲だと言えばピンとくる方も多いのではないでしょうか。2人が真剣に歌っているのが表情から伝わってきて最高かよという感想しかないのでディレイビューイングやBDでちゃんと見直したいですね。背中合わせに立つシーンがかっこよかったです(この曲だよね?)。 

 背中合わせで立って手を繋ぐ曲、これでした!あと、2人のパート分けが照明で対照的に演出されているエリアがあったのですごくかっこいいと感じました。真剣に歌ってるというか、この歌いにくい曲を全力で歌っているのが映像から伝わってきてテンションMAXになりました。

08. LEMONADE
 こちらは「黄色」のアルバム。一番最後に出たのもあってあまり聞いてませんでしたが謎の中毒性でライブ後に聞くようになった曲の一つです。レーモネー。

 雪歩とあずささんの曲、今回はあずみんが欠席ということで中村先生、ひろりん、ちあきんぐの3人での歌唱でした。この組み合わせは確かに珍しい。そして中毒性は本当に高い。

09. Funny Logic
 この手の曲って今までの765曲ではあんまりないですよね。CDよりライブ映えだ!と思った印象しか覚えてないとか言ったら怒られそうなので機会があればちゃんと見ます。

 ちゃんとディレイで見ました。まずは振付。Bメロ?辺りのパントマイムの振付(1番が仁後ちゃん、2番があさぽん?)がいい!それに加えてサビの「なん なん なんだかなぁ」の手の動きが可愛い!続いてライブ全体の話、間奏がEDM?というか普段の765にない曲調なので完全にライブ化けしたと思ってます。原曲ももちろんいいですがライブで更にパワーアップ!そういう曲、PRIMALシリーズに多い気がしますね。

10. BRAVE STAR
 この曲もCDで聞いた時から割と好きな方でした。ライブで更に化けましたね。生バンドで聞かせんかい。振付も含めて好きになりました。あとコールが楽しいのでオタクは覚えましょう。
 現地で見たときと同じ感想ですが、更に言うなら「赤く赤く強く強く」で腕を向かって左から順番に上げていく振付と「高く高く」で順番に徐々に腕を上に上げていく振りつけが好きです。加えて、Cメロの「one more time」から中村先生、若林神、ミンゴス、はらみーの順に円形に並んで回りつつパート交代していくフォーメーションが好きでした。あと、Let's jump!コールのタイミングは難しいけど決まると気持ちいし高まると思います。


11. addicted
 イントロの「ぎゅーーーん」でひっくり返りました。まさかこんなところでこの曲を回収できるとは思わず。これ歌ってるときの原由実さん最高でしたよ。ありがとうアリーナA3。オタクがお便りを送り続けたから今回選んでくれたらしくて本当にありがとうございます。

 初日がこれで2日目がフラワーガールだと分かった上で見ると、やはり面妖でかっこいいはらみーと可愛いはらみーのどちらも見れたのが本当によかったです。

12. Day of the future
 ライブの存在も知らないような時代から聞いていたこの曲ですが、イントロを聞いてぶち上ってしまいましたね… (ライブ後斜めに構えてイントロぶち上り曲ではないとか豪語してましたがこれはイントロぶち上り曲です) 最近のアッキーは控えめなイメージでしたがこの時はマジで圧倒されました。声優のオタクから嫌悪感抱かれそうな表現ですが、星井美希がステージに立ってるように錯覚するクオリティでした。4分強が一瞬で終わってしまったような体感だったのでどこかでゆっくり見たいです。

13. Next Life
 これもバケモンでしたね。同じ会場の5th幕張でも披露された曲なので当時から知ってるオタクがうらやましい限り。ないものねだりはおいといて、このダンスのキレがすごかったです。言うても声優なのでバックダンサーが激しく踊って演者が控えめにダンスする感じが多いですが、この曲に関してはバックダンサーを従えているといっても過言ではないほどの素晴らしいダンスでした。5thのは映像では何度か見たことがありますが、その頃とは比べ物にならないくらい沼倉愛美さんのダンスの複雑さもクオリティもレベルアップしていて感動しました。ついでに言うとライトの演出もすごく良かったです。レーザーのようなものが自分の後ろに刺さっていくのを見て「普段なら俯瞰気味に演出を見るのに今はこんなに前にいるんだな」と感慨深くなって泣きそうになりました。
 ついでに今見るとこのソロ曲のまとまりプロジェクト・フェアリーですね。偶然?必然?どっちどっちどっちもだよ

 A3でステージが近くて俯瞰気味のアングルが気になっていたのでディレイに参加したみたいなところがあります(イキリ) ライトやレーザーの演出がかっこよかった。ライブ以来5th幕張のこの曲のライブ映像を見ましたが、本当にダンスがパワーアップしていて感動しました。ぬーは765プロのエースだ。

14. edeN
 この曲はシャイニーフェスタのPVがすごく好きでよく聞いてた曲なので生で聴けて本当に嬉しかったです。そう言えば初日は平田宏美さんが雪歩の髪型をモチーフにセットしていることがどこかのMCで語られてましたが、2番の雪歩パートをひろりんが歌っていて「それだ!!!」となりましたね。そういうところが好きです。次こそは全員で単独ライブの機会があればいいのですが難しいですもんね。

15. Fate of the World
 9thでは千早ソロとしてミンゴスが歌いまっくてたらしいですが、オリメンが揃うのは今回が初めて。初星では炎の演出がすごすぎてびっくりしました。あとアリーナだと普通に熱い(物理)。ムビマスの眠り姫の戦闘シーンが蘇ってくるような迫力でした。

 この曲を歌ってる時の長谷川明子さんの表情がムビマスの眠り姫を彷彿させるような鋭い目つきで本当にかっこよかった!この曲は炎と照明の演出が本当に良かったです。

16. 合言葉はスタートアップ!
 FotWの終わりに背後に並ぶ人影が。「1,2,3,4,5、5人?5人ってなに?バックダンサーかな?」余計な事を考えているとピアノのイントロが。「え?は????????????????」などと固まっていると聞き覚えのある歌詞が…
「We are LEGEND DAYS」
偽りなく状況を理解できずにBメロくらいまでフリーズしてた気がしますがここでまさかのレジェンドデイズオリジナルメンバーによる合言葉はスタートアップでした。お前が伝説だ。ぶっ刺さる曲が来ると声も発せないというのは今回の知見でした(知見ではない)。
 よく考えるとこの曲が収録されているLTH01のジャケットは恐らく幕張メッセの看板だろうと言われていて、その幕張の舞台でオリメン揃いでこの曲が披露されるのはマジモンにエモい案件ではないでしょうか。この段階では今日の優勝はお前だと思っていました。

 ディレイで見ましたけど人影は映ってませんでした。たまたま現地で見えただけでした。本当にこの曲好きだなぁ。

17. Light Year Song
 正直な話をすると一曲前があれなので心の休憩が出来るPRIMALで良かったです。あんまり覚えてないのですが、とりあえずクラップなのか指パッチンなのかどっち。

18. 隣に…
 イントロのシンバルの音が聞こえたときは「え、来ちゃうの」とまたまた固まってしまった記憶です。自分の中でこの曲は昔からオタクが聞きたがっているけれどもその割には5th以来披露されておらず、聞けるときはもうコンテンツが終わるときだろレベルの曲だと勝手に思っていたので、自分が現地に居てしかもアリーナ最前ブロックのほぼ真ん中で聞けてしまうのか等と色々な感情が駆け巡りましたが「何かしらの意図でたかはし智秋さんが選んだ曲だ」と思い出した辺りからまともに聞けるようになりました。色んなものがぶっ刺さって2番のサビ以降ボロボロ泣いててステージをまともに見れてなかったのが今思うと勿体ないかもしれません。歌い終わりの「間」と一礼が本当に鳥肌ものでした。
 ライブ後はオタクとなぜこの曲が選ばれたのか考察大会になっていましたがおおよそ「今後演者がソロ曲を選んで歌える機会がなさそうなので最後の機会になるかもしれないので選んだ」「アイドルマスターの未来に期待して選んだ」の2通りでしたが、後日更新されたたかはし智秋さんのブログを引用すると
"

アイドルマスターは、今や大型コンテンツ。

新しい仲間がどんどん増えていき、様々な進化を続けております。

だからこそ、このあたりでひとつ…原点回帰をしてみてはどうだろうか。(中略)
アイマスは温故知新」"

とのことでした。ありがとうございました。アイマスに一生ついていきます。
 序盤はあずささん役たかはし智秋として、後半からはたかはし智秋として歌っていた印象でした。最後の方で涙を流しながらありがとうございましたとつぶやいていたのがディレイだとよく分かりました。上述のブログの話、これは2日目のラストMCでも近い話題が触れられていました。「今や大型コンテンツとなったアイドルマスターの中で765が今年1番目にライブをする(みたいな内容)」。だからこそ、それを意識した「隣に…」なんだよなと実感しました。ディレイ後にTwitter検索をかけていましたが、「(デレPだが)765ASのライブはすごかった。かっこよかった。うちの担当アイドルが目指す先はここだ」のようなツイートが目に入り嬉しくなりました。他コンテンツに見せつけるという意味では、たかはし智秋さんの目論見?は大成功だと思います。

19. チアリングレター
 なに連続で歌ってくれとんねん。。真の曲はみんな言ってるけど単純に曲の強度ではない強さを持っていてぶっ刺さり気味なのでこの順番は勘弁してほしい。隣に…から引きずって泣きすぎてまともに聞けませんでした。曲が勝ってる負けてるの話では決してないですが、隣に…の後にこの曲は勿体ないのではないでしょうか。ディレイビューイングでちゃんと見ます。

 ちゃんと見ました。本当にいい曲。振付は少なめで、とにかくひたむきに歌っている様子が伝わってきました。あの優しい表情で歌いとおす平田宏美さんが脳裏に焼き付いています。

 そもそもこの曲、チアリングレターは未来の自分(真)に宛てた手紙がテーマになっている曲だと思っています。「今上手くいかなくても出来ることをやっていけば思い描いた未来になる」そんな曲だと思います。もしかしたらそうじゃないかもしれませんが、私はそういう曲だと思って励まされてきました。

"

もしも行き詰ったなら その時はベストを尽くせばいい
 今できること考えよう

素直な気持ちで ありのままやっていれば
 みんなに届くよ だから悩まないで

                          チアリングレターより"
「隣に…」とこの歌詞の相乗効果で現地ではもう号泣してました。辛いことや上手くいかないことがあっても自分の思っている未来を信じて今できることを頑張って行きたい。そう心に決めました。


20. 虹のデスティネーション
 記憶にないので2日目にちゃんと見ました。

21. Just be myself!!
 このブログはネガティブな話をするためのものではないのでちゃんとした話を。みなさんそうだと思いますが、この曲はマジで聴きたかった曲なのでイントロが聴こえたときは本当に嬉しかったです。歌われるなら2日目だろうと思ってたのでびっくりした感情もありましたが…今井麻美さんが笑顔で楽しそうに歌っているのを見て去年のPミ2日目に「歌だけのライブがしたい」と声を上げてくれたのを生で聞いていたからその姿を見るだけでこちらまで嬉しい気持ちになりました。ありがとう。俺もなりたい私になる。

 「隣に…の後に、前からライブで聴きたかったJBMをされても全て隣に…に持っていかれた気がする」という話でした。ディレイで見ましたがそうとも言い切れないなと思いました。セトリを知っているからというのもありますが。

 2日目ラストの今井麻美さんのMCで「千早は問題児で、あるインタビューでいつか笑顔で歌えるようになりたいと書いていた。みんなのプロデュースのおかげで笑顔で歌えるようになった」と話していて、その話はJBMに通ずるなと思いました。選曲が指示されてようとなかろうと、この曲は選ばれていただろうなぁ。さらに、プロミ2017で「歌だけのライブがしたい」と訴え、それがこの初星で実現したのもあってか満面の笑顔でこの曲を歌う今井麻美さんを見られてこちらまで嬉しくなりました。笑顔の話をされると2日目は約束が聞きたかったかもしれません。

22. Destiny
 10th現地参戦オタクからは少し物足りないものだったかもしれませんが、前述の通り10th現地参戦していない雑魚なので聞けて嬉しかったです。陣形や披露する場は違えど10thを感じられるだけで嬉しくなってしまいますオタクなので。この曲のサビの「すすめ」の指差しして天井に腕を振り上げる振付が好きです。

 次はセンターステージか円形で歌ってほしいですね

23. 自分REST@RT
 アンコール後にこの曲となるとまだまだライブが続きそうな気がしてしまいますが、こちらもアニメで見たときから大好きな曲。定番コールってこういう曲のためにあるんだなぁ… やっぱり昔から聞いてた曲を生で体感できるのは感無量ってやつですね。コールにしてもUOにしても全ての行動をいまライブ会場で共有出来ているのが感じられて本当に嬉しい。何だかんだ生で聞いてみたかった曲の一つかもしれません。

24. Top!!!!!!!!!!!!!
 ハッチポッチで初めてフルを聞いて以来大好きなこの曲。ToPで〆なのかーと少し残念な気持ちになりながらも初めて生で聞くので目に焼き付ける勢いでステージを見ました。サビの腕を上に振り上げる振付が多くて好きです。



 各曲感想はこんな感じでした。熱の冷めないうちにだらだら殴り書きしただけの自分用備忘録みたいなもんですがここまで読んでくださった方がいるならありがとうございました。

2日目の分も時間があれば書き上げてしまいます。
では

 

※この記事の初出は以下の通りです。(移転)

https://ameblo.jp/collapiyo/entry-12344291597.html